みんなのコードサポーターになりませんか?
寄付会員を募集しています。

みんなのコードは、「全ての子どもがプログラミングを楽しむ国にする」をミッションに、公教育のプログラミング教育を推進するNPOです。

みんなのコードサポーターは「全ての子どもがプログラミングを楽しむ国にする」世界をつくるため、みんなのコードの一員となってくださる会員の皆さまのこと。

私たちの活動をご寄付で応援していただくだけではなく、子どもたちの未来の社会づくりを共に考え行動していく仲間を募集しています。 

みんなのコードについて


みんなのコードは、「全ての子どもがプログラミングを楽しむ国にする」をミッションに、2015年7月に設立しました。約8万人が利用する無償プログラミング教材「プログル」や小学校の先生向けプログラミング教育の実践事例集「プロカリ」の提供、プログラミング教育を担う先生方向けの「プログラミング教育明日会議」「プログラミング指導教員養成塾」の開催など、小学校での「プログラミング必修化」に向けた取り組みを幅広く支援しております。

みんなのコードのアプローチ

みんなのコードの具体的な活動(一部抜粋)

プログラミング教育のシンポジウム
学校関係者の方向けに、「プログラミング教育」の背景〜実践を知る・理解することを目的としたプログラミング教育明日会議を全国で開催しています。
プログラミング指導教員養成塾
小学校の先生を対象に、プログラミング教育を取りれた授業実施・広めてもらうことを目的とした通期研修会を全国の教育委員会と連携しながら開催しています。
プログル
全国で8万人以上が利用する、学校の授業ですぐに使えるプログラミング教材です。5年生の算数で使える公倍数コース、多角形コース、平均値コースがあります。
プログル
全国で8万人以上が利用する、学校の授業ですぐに使えるプログラミング教材です。5年生の算数で使える公倍数コース、多角形コース、平均値コースがあります。

プログラミング指導教員養成塾を通して
プログラミング教育を実践した先生たちの声

「プログラミング教育明日会議」という教員向けセミナーに参加しました。まずは知ることからプログラミング教育を始めるべきだと思うので、もっといろんな人に参加して刺激を受けてほしいです。模擬授業では具体的な授業イメージが、先行事例報告では実践者の手応えが得られてよかったです。プログラミング教育に取り組める第一歩を踏み出せました。

北海道 公立小学校教諭 男性

「プログラミング指導教員養成塾」ではプログラミング教育の基礎を学べることはもちろん、「プログラミング教育に関する正しい知識を広めたい」「子どもたちの将来を考えた教育が必要」といった同じ思いを持った先生方に出会えます。こうした機会はまたとありません。

長野県 公立小学校教諭 女性

「プロカリ」で実践事例を紹介しました。プログラミング教育の必修化に戸惑いながらも、教科の中にプログラミングを取り入れ授業を実践しました。子どもたち自身が進んで学び、教科の目標を楽しみながら達成している姿に他の先生方もプログラミング教育の有用性を感じてくれました。

栃木県 公立小学校教諭 男性

「プログル」は子どもにとって、静止画と文章の表現だけでは伝わりきらない部分をうまく補っています。プログラミングの「要素に分ける」「順序立てる」などの要素も経験でき、他教材への移行の足がかりにもなりそうです。作りがシンプルなので、授業の本質からそれることがありません。学校現場をよく知っているみんなのコードらしい教材だと思います。

東京都 公立小学校教諭 男性

「プログル」は子どもにとって、静止画と文章の表現だけでは伝わりきらない部分をうまく補っています。プログラミングの「要素に分ける」「順序立てる」などの要素も経験でき、他教材への移行の足がかりにもなりそうです。作りがシンプルなので、授業の本質からそれることがありません。学校現場をよく知っているみんなのコードらしい教材だと思います。

東京都 公立小学校教諭 男性

実際のプログラミング教育の授業の様子

2016・2017年と総務種による「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業に参加し、北海道・新潟・神奈川において、総合的な学習の時間でも実施可能なプログラミング教育活動の実証事業を行いました。
実際のプログラミング教育の授業の様子を下記動画でご覧ください。

プログラミングの楽しさに触れた子どもたちの声

学校の授業で、先生がロボットをつくらせてくれました。初めてパソコンを使いました。プログラミングは私たちの生活のいろんなものを便利にしてくれるとわかりました。友だちとロボットを使って、もっと自分のまちをよくするプログラムを考えるのは楽しいです。ロボットが、自分の思った通りの動きを目の前でしてくれると楽しいです。

プログラミングは、コンピューターゲームとは違って、間違えたところは「何でできなかったのか」ということをよく考えて、何度でも挑戦します。うまくいった時も、「何でクリアできたのかを考えるといい」と先生に教わったので、考えるようにしています。一発でクリアできなくてもやり方を変えればいいし、間違えてみたほうが勉強になることもあります。

みんなのコードが描く理想

しかし....理想とのギャップがまだまだ大きいのが現実

2020年必修化になるけれど、日本の教育課程にあわせた授業の実践方法については誰も答えを持っていません。
IT人材の育成が世界中の先進国で喫緊の課題として注目され、各国の小中学校でプログラミングが新しく教科として取り入れられています。それを受けて日本でもプログラミング教育を必修化とする方針が定まりましたが、日本の教育課程にあわせた授業の実践方法については誰も答えを持っていません。必修化まではあと2年。方針は提示されたものの、現場でどのように実施するのか情報が足りない状態です。

その他にも沢山の課題があります。
●どの学年で、どの教科で実施するのか各学校に委ねられる
●インフラ整備も整えないといけない
●先生はプログラミングをやったことのない人が大半

みんなのコードの資金源

2018年度からGoogle.orgの支援が始まりました

沢山の企業さまよりご支援いただいておりますが、Google.orgのご支援により、各地のプログラミング教育のリーダーとなる先生を育てるプログラミング指導教育養成塾を2018年度から全国20都市で開催しております。

ご支援の目的としては、2020年度までに2000人の中核教員の養成をし、その先生が周囲に広めることを通じて200万人の子どもたちにより良いプログラミング教育の機会を提供し、コンピュータの持つ可能性や楽しさに気づいてもらうことです。

しかし、この支援がずっと続くわけではありません。
2018年度には採用を強化し、2019年度は倍以上の活動を広げていく予定です。
より活動を広げるためには皆さまのご協力を必要としています。

Google.orgの支援についてはこちら

継続的にこの活動をしていくには皆さまのご支援が必要です。
私たちと先生方と一緒に、理想の未来を創っていきませんか?

支援してくださっている方々の声

文部科学省 
鈴木寛大臣補佐官

プログラミング教育が今の子どもたちに良い影響を与えると期待しています。

プログラミングなどの新しい分野に関しては、子どもたちのほうが大人よりも直感的に多くのことを早く学び取ることができる場合も多く見受けられます。大人に本気で感心された時の、子どもの自己肯定感の高まりというのは本当に素晴らしいものです。そういった意味でも、プログラミング教育が今の子どもたちに良い影響を与えると期待しています。

ラクスル株式会社
代表取締役CEO 松本 恭攝 氏

プログラミング教育が広がることで、地域の活性化など社会全体にポジティブな成果が期待できます。

プログラミング教育を通して公教育を変えるというアプローチは、まだ活用しきれていない国内の人材にチャンスを与えることだと思っています。どこの国でも親の収入とそれに伴う子の教育水準が明白に二分化している現状が伺えます。プログラミング教育が広がることで、地域の活性化や社会の安定、機会の平等など、社会全体にポジティブな成果が期待できます。

寄付を検討される前に目を通していただきたいこと
私たちは認定NPO法人化を目指しています。

来年以降ご寄付頂いた方へ税金の控除が受けられるよう+より一層「公益性のある団体である」と客観的に判断いただけるように“認定NPO法人化“を目指そうとしております。

認定NPO法人になるには、「一般市民に広く支援されている」ことを基準にするそうです。
その測り方として、「年3000円以上の寄付者」が「年100人以上」いる状態だそうです。

これをクリアすれば、市民に必要とされている、すなわち公益性が高い団体であると判断されるとのこと。

寄付を募ること自体始めたばかりなのですが12名の方がサポータ会員になっていただきました。ありがとうございます!

ご寄付いただいた方限定の定例会やイベント等も開始したいと考えております。

皆さんには大変恐縮ですが、認定NPO法人の申請に向け本年度の寄付者のお名前・住所名簿が必要になります。
とってもお手間をとらせてしまい大変恐縮ですが、何卒ご理解いただけると幸いです。

参加の仕方は3つあります

ご参加の方法は大きく3つあります。
1.単発でご寄付いただく
2.マンスリーでご寄付いただく
3.LINE@やtwitterなどのフォロー(今後ボランティアなどを募る際にご連絡させていただく場合がございます)

みなさまからいただいたご寄付は、届いていなかった地域へ活動を広げるために活用させていただきます。

具体的には、

採用
全国で開催するプログラミング教育明日会議での出張費・交通費
教材研究のための書籍購入

に使わせていただきます。

毎月の寄附をする
※VISA・MASTERをご利用のみとなっております。
来年以降ご寄付頂いた方へ税金の控除が受けられるよう
“認定NPO法人化“を目指そうとしております。
そちらの申請に向け本年度の寄付者のお名前・住所名簿が必要になります。ご了承ください。

1,000円/月で、1市区町村の先生に、プログラミングを子どもたちが学ぶことの重要性について知ってもらうことができます。

1,000円/月

5,000円/月で、1都道府県およそ5000人の先生方にプログラミング教育実践に関する体系的な研修を行うことができます。

5,000円/月

10,000円/月で、1自治体内での継続的な研修サイクルを回し、先生方が互いに学び・教え合う環境を作りあげることができます。

10,000円/月

会員にならず一回ごとの寄付をご希望の方
※VISA・MASTERをご利用のみとなっております。
来年以降ご寄付頂いた方へ税金の控除が受けられるよう“認定NPO法人化“を目指そうとしております。

そちらの申請に向け本年度の寄付者のお名前・住所名簿が必要になります。ご了承ください。

プログラミング指導教員養成塾で使用する教材や書籍使わせていただきます。

3,000円

プログラミング教育明日会議・プログラミング指導教員養成塾で使用する教材や書籍使わせていただきます。

5,000円

1市区町村の研修会の出張費として使わせていただきます。

10,000円

2市区町村の研修会の出張費として使わせていただきます。

20,000円

上記以外のご希望の金額を入力する
※VISA・MASTERをご利用のみとなっております。

※1,000円~の受付とさせていただいております

銀行振込について

ご寄付の思いは、銀行振込でも伝えていただくことができます。
銀行振込を御利用の方は、こちらからお名前等の必要事項をご記入いただいた上で、ご入金の手続きをお願いいたします。
--------------------------------------------
みずほ銀行 
新橋支店 130 
特定非営利活動法人みんなのコード 
トクヒ)ミンナノコード 
普通2981317
※誠に恐れ入りますが、振込手数料はご入金者様負担にてお願い申し上げます。
------------------------------------------
みんなのコードの活動をフォローしてね!

LINE @でフォローする

友だち追加

twitter

Instagram

代表からみなさまへ

 I Tにより社会のあり方が大きく変わる中で、普段何気なく使っているコンピュータの存在や、その仕組みについて考えるのは、エンジニアだけの仕事ではないように思います。自身の起業を経てコンピュータへの理解を深めるにつれて、プログラミングはIT社会を生きる基礎となる力だと考えるようになりました。だからこそ、プログラミングやコンピュータ自体に触れる習慣、そして社会の仕組みについて考える想像力を、これからの社会を担う子どもたちに身に着けてほしいと、願うようになりました。
 2020年から小学校段階からのプログラミング必修化が決まり、日本の義務教育の在り方が変わろうとしています。従来の「専門職教育としてのプログラミング教育」ではなく、あらゆる領域で活用されるテクノロジーを理解する「教養としてのプログラミング教育」が必要とされています。プログラミングを楽しく体験することを通じて、子どもたちは自分の身のまわりの社会に今よりずっと興味をもってくれるはずです。その上で身近な課題を自分の力で解決したいと思ってくれるような人材があふれる国として、日本を活気づけられたらと思っています。
 平素よりご理解・ご支援くださっているみなさまに於かれましては、心より御礼を申し上げます。

代表理事 利根川 裕太